【Excel】プルダウンリストの作り方

手の表面が乾燥しているmizkyです。

Excelを使用する機会が少ないので、プルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を作ろうとする度に「あれ、どうやって作るんだっけ? 忘れちまったぜヒーハー!!」となるので、備忘録を兼ねて記事にしたいと思います。

1. そもそも「プルダウンリスト」とは?

以下の画像のように、特定の単語を選択できるリストになります。

セルの右にある▼マークをクリックすると、複数のワードから好きなワードを選べる仕組みになっています。

セルに単語を入力する作業が2回のクリックで終了するので、入力の作業時間を大幅に減らす長所があります。

私の場合、メールアドレスを毎回入力するのが面倒になってきたので、プルダウンリストを活用することにしました。

2. プルダウンリストの作り方

2.1 リストに表示する単語を設定する

以下のように、選択肢となる単語を1つずつセルに入力します。

私の場合、候補となる単語は別のタブに記入します。そうすることによって、プルダウンリストの編集・管理が楽になるからです。

2.2 プルダウンリストを指定したセルに設定する

プルダウンリストを設定したいセルを選択します。複数のセルを選択することも可能です。

セルを選択後、上部の[データ]>[データの入力規則]を選びます。毎回このアイコンがどこだったっけ?ってなるんですよね・・・

以下のようなウィンドウが現れます。

入力値の種類を、「リスト」に変更してください。

次に、元の値を先ほど入力した単語一覧に設定しましょう。今回の例では、赤から暗黒を選択しています。

入力値の種類元の値を設定したら、OKをクリックして設定完了です。

3. まとめ

プルダウンリストを設定すると以下のように、単語を選択できるようになります。

  • [データ]>[データの入力規則]をクリック
  • 入力値の種類を、「リスト」に変更

上記の2点さえ覚えていれば問題ないかなと思います。

一度設定すれば問題なく使えるのですが、最初に設定する際にどうやって設定すればいいんだっけ?ってなるので今回記事にしてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました