Pythonの64ビット版(windows)のインストール方法

eyecatch

今日一日腹痛と戦っていました、mizkyです。

今も戦っています、レベル上げかよ。

本日は、pythonの64ビット版(windows)のインストール方法について書いていきます。

1. インストーラーをダウンロードする

最初に、インストーラー(インストールを実行するファイル)をダウンロードします。

ダウンロードページは以下のリンクとなります。

Download Python
The official home of the Python Programming Language

赤枠で囲んであるWindowsをクリックしてください。

続いて、Download Windows x86-64 executable installerをクリックします。

これでインストーラーをダウンロードすることができます。

2. インストール作業を行う

ダウンロードしたインストーラーを開いてください。

Install Python 3.8.5(64-bit)と書かれていますね。これは64ビット版だ(名推理)

ここでは、Add Python 3.8 to PATHにチェックをつけておきましょう(画像①参照)。インストール時にパスを通してくれます。

あとはInstall Nowをクリックして終了です(画像②参照)。

初期インストール場所は、Appdata以下になっていると思うので、保存場所をprogram files等に変更したい方はCustomize installationで変更できます。

Setup was successfulが出ればインストール成功です。あーーーーーSUCCESS!!!!

お疲れさまでした。

3. インストール出来ているか確認する

check_install.pyという実行してみました。上手くいってるようですね。

新鮮市場は昔実家の近くにあったスーパーの名前です。

4. 32ビット版でもダメですか?

正直、負荷のかかるような処理を行わなければ32ビット版でも全然構わないです。

わいは大容量の計算をバシバシやっていきたいんや!!という方は64ビット版を推奨します。

また、64ビット版にしか対応していないアプリケーションもあるみたいです。

私も最初32ビット版を使用していましたが、MySQLに接続する際に64ビット版ではないと接続できないことを知り、64ビット版をインストールし直しました。

mizky
mizky

この問題、解決するのに結構時間がかかった・・・

5. pip installから64ビット版インストールできないの?

pip install python

上記コマンドでもpythonインストール出来ると思いますが、こちらのコマンドおそらく32ビット版がインストールされると思います。

64ビット版がインストールできるコマンドがあれば教えてほしいです。

ということで、公式サイトから64ビット版をインストールする手順をまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました