【MySQL】よく使うコマンド一覧

eyecatch

完全に俺得ページですwww

1. テーブルに関するコマンド

テーブルを作成する

create TABLE [DB].[table] (id int, [column] [type]);
DBテーブルを追加したいデータベースの名前
table作成したいテーブルの名前
column追加するカラムの名前
type追加するカラムの型

テーブル作成時、複数のカラムを追加することも可能。

2. カラムに関するコマンド

カラム一覧を取得する

SHOW COLUMNS FROM [table]
table対象とするテーブルの名前

カラムを追加する

ALTER TABLE [DB].[table] ADD [column] [type];
DB対象とするデータベースの名前
table対象とするテーブルの名前
column追加するカラムの名前
type追加するカラムの型

所定のカラムの次に追加する場合

ALTER TABLE [DB].[table] ADD [column1] [type] AFTER[column2];
DB対象とするデータベースの名前
table対象とするテーブルの名前
column1追加するカラムの名前
type追加するカラムの型
column2追加するカラムの1つ前のカラムの名前

column2の前にcolumn1を挿入することができます。

カラム名を修正する

ALTER TABLE [DB].[table] CHANGE COLUMN [old_column] [new_column] [type];
DB対象とするデータベースの名前
table対象とするテーブルの名前
old_column修正したいカラムの名前
new_column修正後のカラムの名前
type修正するカラムの型

カラムのデフォルト値を変更する

ALTER TABLE [DB].[table] ALTER [column] SET DEFAULT [default_value];
DB対象とするデータベースの名前
table対象とするテーブルの名前
column対象とするカラムの名前
default_value変更したいデフォルト値

3. レコードに関するコマンド

レコードを追加する

INSERT INTO  [DB].[table] VALUES(data1,data2,,,);
DB対象とするデータベースの名前
table対象とするテーブルの名前
data1,data2,,,カラムに対応する値

4. その他

MySQLを起動する

/etc/init.d/mysqld start

MySQLを停止する

/etc/init.d/mysqld stop

warningの内容を確認する

SHOW WARNINGS

コメント

タイトルとURLをコピーしました